引っ越し

引越し前の準備

新生活につきものとなるのが引越しではないでしょうか。

 

就職や入学、転勤など何かしらの理由で新しい土地で生活を始める際には
住居を移す為の引越しが必要になります。

 

引越しをする際には必要な荷をまとめ、
不要なものは処分するなど荷物の整理から始めますね。

 

この他には今現在住んでいる住居の掃除などが必要になります。
賃貸物件に住んでいる場合であれば、
次に住む人の為に空の状態にして空け渡す必要があり、
掃除や不要品の処分が済んでいいないと、
修繕費や処分料などを部屋を契約した時に支払った敷金から引かれてしまい、
敷金でも足りない場合には追加料金を支払うことになるので、しっかりと行なう必要があります。

 

普段こまめに掃除などをしていても、窓ガラスや床、
キッチンなどの水回りは汚れているので丁寧な掃除が必要になります。

 

またたばこなどを部屋で吸っていた人はヤニによって壁紙が変色する可能性があるので、
入居時からできるだけ部屋の中で喫煙をしないよう心がけることも大切です。

 

引越しとなると、新しい住居のことばかりを考えがちですが、
退去する住居の状態を
できる限り契約した時の状態に戻すことも重要な準備となるのではないでしょうか。

あると便利な掃除道具

引っ越し時は、
今まで住んでいた場所で使用していたものはすべて持っていかなければいけませんが、
残しておくと便利なのが掃除道具です。

 

コンパクトな掃除機や、
ちょっと汚れをふくことができるウェットティッシュを用意しておくと重宝します。

 

大きな家具や荷物を運び出した後の部屋というのは、
今まで気が付かなかったところのホコリや汚れもとても目立ちます。
発つ鳥跡を濁さず、という言葉があるとおり、
引っ越しするときは部屋を綺麗にしてから立ち去ると気持ちがいいものでしょう。

 

自分で持ち運びができるサイズの掃除道具と、ごみ袋を用意しておくと、
引っ越し業者が立ち去った後、自分たちで掃除の仕上げをすることができるでしょう。

 

また、掃除道具は引っ越し先、新しい住居でも大活躍です。
しばらく人が住んでいない状態だった部屋でもホコリはあります。
引っ越し先に荷物を運びこんだ後、
ちょっと気になるところを掃除するだけでもかなり気分が清々しくなります。

 

引っ越しして数日は、片付いていない荷物とともに過ごすことも多いかと思いますが、
ご飯を食べるスペースだけでもきちんと取れるように簡単な掃除をしておくといいでしょう。
掃除道具は引っ越しには必須です。